芳根京子さんというと『べっぴんさん』や『花子とアン』に出演されていたことで有名ですね。

 

そして、今注目の若手女優と言われるようになった現在。

 

過去に芳根京子さんは難病だったことをブログで公開しています。

 

その際、わきに注目が浴びたようですが一体どういうことなのでしょうか?

 

芳根京子さんが抱えていた難病『ギランバレー症候群』とわきは何か関係あるのでしょうか?

 

気になったので調べてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

芳根京子さんの難病『ギランバレー症候群』について

 

芳根京子さんがかかった難病は原因不明ということ。これがギランバレー症候群の大きな特徴でもあります。

 

この病気、過去に安岡力也さんや小説家の中村うさぎさんなどがかかった病気。

 

命の危険性は高くはないとはいえ、前例があるのでなってしまうのは怖い病気ですね。

 

実際にどんな症状を感じていたのでしょうか?

 

一般的に言われている症状としては

 

手足に力が入らない

呼吸が難しくなる

腰や足に痛み

声を出しにくくなる

目に障害が出る

排尿が行いにくい

 

といった症状が報告されています。

 

大きな特徴として『原因不明』と先ほど述べました。

 

なので治すための方法がないのが現状らしいのですが、発症してから1年程度で完治する人が多いらしいです。

 

だからと言って油断をしてはいけないという一面もあるのです。

 

それが再発。

 

まるでがんのようですね…

 

では芳根京子さんが実際に感じた症状は何があったのでしょうか?

 

主に手に力が入らないといった症状があったそうです。

 

発症した時は中学2年の時だったから症状も手だけで済んだのかもしれないですね。

 

でも若いのに難病になってしまうなんて大変でしたね。

 

また、今では完治しているそうなので女優として活躍できていて良かったですね!

 

スポンサーリンク

 

わきに注目される理由とは

 

難病と言ったらがんが有名ですよね。

 

がんにかかったら『転移』して大変なことになるのはご存知の人も多いかと思います。

 

小林麻央さんで話題になったように…

 

小林麻央の余命の最新情報!5月がヤマ?

 

がん同様に難病と言われているギランバレー症候群なので、がんのようにわきへ転移したのでは?なんて言われているんですね。

 

そもそもギランバレー症候群は転移とか一切ない病気。

 

原因はウイルス性のものがほとんどと言われています。

 

わきと注目を浴びたのはただの噂だったということです。

 

ですが、症状として手に力が入らなくなって、わきにも違和感を覚えたなんてことはありそうですけどね!

 

まとめ

 

芳根京子さんの難病についてまとめてきました。

 

今では完治して、元気に活動されているのでとりあえず良かったですね!

 

ただ、再発もあるらしいのでそれだけに注意して、今後も女優活動をしていってほしいなと思います!!

スポンサーリンク