またまた悲しいお知らせが入ってきました。

 

野球界で相次ぐ著名人の訃報。

 

今回は上田利治さんです。

 

80歳という年齢を考えたら十分に生きたとも考えられますが、訃報を聞くというのはやはり誰であっても悲しいもの。

 

そんな上田利治さんですが、過去に家庭の事情が問題になったのだとか。

それに関して言うと娘が関係していたとか?

 

ちょっと詳しくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

上田利治さんの家庭の事情と娘の関係とは?

 

家庭の事情なんて聞くと、身内に不幸があったなんてことがよくある話ですよね。

しかし、上田利治さんに関して言うとそうではありませんでした。

 

上田利治さんはかつてファイターズの監督をしていたんですね。

 

しかも選手だけでなくコーチからも厚い信頼を得るほどの監督。

そんな人が上に立つとチームにも勢いが生まれたのでしょう。

 

シーズンでは優勝も狙える位置にあったそうです。

 

しかし、裏では家庭の事情を抱えていました。

 

それが『宗教問題』

 

というのも娘と妻が『統一教会』の信者と言われていました。

 

そしてそれがバレたら監督を辞めると言っていたそうです。

 

そもそも統一教会とはちょっと怪しい団体とのこと。

マインドコントロールといった一種の暗示を使うことをしたり、宗教への勧誘の際は勉強会と称して協会への勧誘をしたりと、調べてみると怪しい団体。

 

また、霊感商法と言って『壺は霊界を解放するため』とか『先祖が救われる』などと言った商売方法。

 

他にも出るわ出るわ、たくさんの情報。

 

『自己啓発セミナー』などを開いたり、薬事法と言って健康関連の商品を売る際に使ってはいけない言葉を使って商品を売ったりと…

 

消費者センターなどにもたくさんの苦情が舞い込むほどの宗教団体である統一教会の信者と言われていた上田利治さんの娘と妻。

 

そんな人が身内にいて、怪しいことをしているなんてことが世間に知られたら監督業も行えることができませんよね。

 

なので上田利治さんは『バレたら辞める』と言っていたのも無理はないかと思います。

 

そんな複雑な家庭の事情を抱えていたのには少し驚きました。

 

選手やコーチからの人望が厚いけど家族間の人望はうまく築けなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

上田利治さんのプロフィール

 

いきなり話題になってあまり知らない人もいるかと思うので簡単にプロフィールのご紹介です!

 

出身地 徳島県
生年月日 1937年1月18日

引用:wikipedia

関西大学を卒業後広島カープへ入団。その後は阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)、日本ハムファイターズのコーチや監督を歴任。

 

初めての監督就任はなんと37歳という今の時代でも十分に若い時からの監督業。

しかも就任してから2年目でチームを優勝に導く腕を発揮。

 

それからリーグ4連覇を達成するという、名監督。

 

そんな経歴をもてたのも戦略を立てるのがうまかったからなのかと思います。

 

それができたのが過去に勉強を頑張っていたということがあるのではないかと思うんです。

 

高校時代に野球だけでなく勉強もしっかりと行っていた上田利治さん。

 

一時期は六法全書を練習の合間に読んだりしたほどの勉強家。

 

また、コーチに就任時代もマネージャーやチームのリーダーには必読と言われる自己啓発本をたくさん読んだりしたことが、チームの優勝につながったとも言えるのではないでしょうか。

 

そんな素晴らしい経歴の持ち主の訃報。

 

残念なですね…

 

おわりに

 

上田利治さんについてまとめてきました。

ちょっと複雑な家庭の事情を抱えていたことがわかりましたが、監督時代はそのリーダーシップでチームを優勝に導きました。

 

華やかな一面がある一方、裏では大変なことも抱えていたんですね…

 

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク