豊田真由子議員の新しい音声にある『チョギ』とはどういう意味があるのでしょうか?

調べてみると韓国語みたい。

 

日本人にはわからないですね…

 

ていうか、またまた新潮さんがやってくれましたねー。

どれだけ音声を持っているんだ?と思うのは私だけではないはず。

 

まぁ40分もあるんですから、まだまだ折り返し地点と言ってもいいのかなーと思う今日この頃。

 

まだまだ出てきそうですよね。

これだけいろんな音声が出てくるんですから、普段からの言葉遣いも荒かったのかなー…

 

ということで、今回は新しく発表された豊田真由子議員の『チョギ』発言の意味についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

チョギの韓国語での意味は何?

 

豊田真由子議員の音声から察するに、意味合い的にはあまり良くない言葉で人に対して使わないほうがいい意味なのかなーなんて思いますよね。

 

で、調べてみたところチョギには『あそこ』という意味があるみたい。

 

全然関係ないですよね!調べてみてちょっと拍子抜けしました(笑

 

『あそこ』の使い方としては『物』や『場所』をさす際に使う言葉です。

 

例・あそこに見えるのが東京駅です。

といったように使うようですよ!

 

音声に対する意味として考えるとちょっと不自然ですよね…

 

じゃんけんの時に出すチョキに似てますよね(笑

チョキと言ったら連想されるのは『ハサミ』。

 

『切り裂くよ』という意味でチョキを発言しようとしたら『チョギ』になってしまったとか?

 

ちょっと無理がある気がしますね…

 

どちらにせよ、いい意味ではないことは間違いないと思うんです。

 

と思ったら、韓国語で人を呼び止める際に使う『ちょっと、すみません』的な意味っぽいですね。

 

もちろん意味としては、豊田真由子議員の口調なんかを考えると怒っているような意味になると思います。

 

言葉で表現すると『ちょっと(怒)』という感じですかね。

 

秘書が豊田真由子議員の機嫌を損なうようなことをしでかした結果、『ちょっと(怒)』という意味で『チョギ』という韓国語を使ったのでは?

 

なんていう風に考えると、つじつまが合いそうな感じがします。

 

まぁあくまでも個人的な感想になってしまいますけど…

 

スポンサーリンク

 

豊田真由子議員のチョギ発言の音声

 

もうこれを聞くと、びっくりですよねー。

女性であり、議員の言葉遣いとは思えません。

 

女性特有の金切り声と言えますよね。

 

『ピー』というところも気になりますが、テレビで放送されない時と同様で放送できない言葉が入ることが十分に考えられますね。

 

こんな言葉遣いをしていたらそりゃ秘書も辞めていくと思ってしまいます。

 

おわりに

 

『チョギ』についてまとめてきました。

はっきりとした意味合いは今のところわかっていないのが現状。

 

またわかり次第、こちらでご報告したいと思います!

それにしても、一体いつまで音声は続くのでしょうか?

 

まだまだ出てきそうなので、また新しい音声が出てきたらご報告したいと思います!

スポンサーリンク