岡副麻希さんと言ったら早稲田大学出身で有名ですよね!

 

しかし、天然すぎる性格に早稲田出身とは思えない言動に世間の人は以下のように思っている人が多いようです。

 

岡副麻希さんは早稲田大学になぜ合格したの?

 

という風に。

 

一般的な早稲田大学のイメージとはかけ離れているその性格に疑問を抱いている人が多いので、なぜ早稲田に合格できたのか?

 

ちょっとまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

岡副麻希さんの偏差値とはどれくらいなの?

 

一般的に早稲田大学と言ったら、賢い!

 

そんなイメージが強いですよね。

 

知らない人はいないと言っても過言ではない大学。

 

それに合格するには勉強ができなければいけない。

 

そのために最低限必要な偏差値が高いことで有名ですよね?

 

なので順当に考えたら入学できる時点で勉強ができて一般教養はあると考えられるのが普通。

 

しかし、岡副麻希さんというとテレビに出た時の天然な発言。すごく簡単な漢字の読み間違い。

 

本当に早稲田大学出身なの?と思わせる言動が多いことで有名です。

 

そんな岡副麻希さんの偏差値は一体どれくらいだったのでしょうか?

 

出身校が甲子園常連校で有名な『大阪桐蔭高校』

 

偏差値がなんと69!

 

スポーツが盛んなイメージがありますが勉強もできる高校。

 

要は進学校ということです!

 

岡副麻希さんはその中で、もっとも勉強に力を入れている進学コースに在学していたのです。

 

なので勉強はできるということは間違いありません!

 

にもかかわらず過去にテレビで『北北西』『キタキタニシ』と読んだのはなぜなんでしょうか…

 

少し腑に落ちません…

 

話は戻って、進学校の進学コースに通った経歴があることから、岡副麻希さんの偏差値はとても高いことがわかるかと思います。

 

なので早稲田大学へ合格する基準となる偏差値も十分に超えてたということはわかりますよね!

 

スポンサーリンク

 

では早稲田に合格できたのはなぜなのか?

 

偏差値に関しては十分に足りていることがわかった岡副麻希さん。

 

しかし、問題はここからです。

 

岡副麻希さんの早稲田に合格した方法が明確になっていないのです!

 

早稲田大学に合格するには一般入試、 AO入試、指定校推薦などとあるのですが、どれも噂ばかりで有力な情報がありませんでした。

 

しかし、卒業した学部が『文化構想学部』という学部で、知名度の低そうな学部を卒業されてます。

 

今そんな学部があることを知った、なんて人も多いんじゃないでしょうか?

 

私はその一人です(笑

 

そして、この学部の特徴として、一般入試よりも指定校推薦とAO入試での入学が多いとのこと。

 

指定校推薦やAO入試は入学する際に一般入試に比べると簡単だと言われています。

 

指定校推薦とは、大学側が高校側にもうける推薦枠(人数)のこと。

 

この受験制度を利用するには、校内選考を勝ち取る必要があります。

 

出席日数や、成績などの総合判断により、高校側が大学側に推薦できる人かどうかを選別する制度。

 

大学の入試試験よりも、校内選考を抜けられれば大学の合格はほぼ確実と言われています。

 

もし岡副麻希さんがこの入試制度を利用していたら大学の入試勉強はせず、今までの生活態度で合格できていたということが考えられますよね!

 

選考基準に成績や生活態度などが入っていることから、元から勉強ができて学業に対しては真面目だったということは十分に考えられます。

 

なのでもし、仮に指定校推薦という方法で入学していたとしても十分に早稲田大学で通用する賢さはあったと考えられますよね!

 

また、早稲田大学の構想学部に入学する人に多いAO入試という方法もあります。

 

AO入試とは一般入試のように学力による試験がありません。

 

書類選考、面接、小論文などが一般的になります。

 

要は大学が求めているのは学力よりも、大学が求めている人物像であるかどうかを見る試験。

 

学部の方向性と生徒の方向性があっているかを見極める試験ということ。

 

この試験の場合、学力の試験がないので合格するのは比較的簡単だと言われています。

 

それでも小論文を書くことや、面接による緊張に慣れていない高校生の場合はとても難しいかと思いますが…

 

早稲田に合格できた理由

 

高校生の時の偏差値や生活態度から考えると十分に合格できたということが考えられます。

 

また、様々な試験がある中、仮にどの試験を受験したとしても一般入試による学力での合格はもちろんの事、指定校推薦による合格。

 

また、AO入試による合格は十分に考えられます。

 

そして、何よりも

 

早稲田大学が求める人物像と合致していた。

 

総合的に判断すると、これが早稲田に合格できた一番の理由ではないでしょうか。

 

まとめ

 

岡副麻希さんが早稲田に合格したのはなぜなのかについてまとめてきました。

 

小学生の時には『天然ランキング』で1位を獲得した過去もあり、今もなお天然すぎる発言で周囲を惑わせることも多い岡副さん。

 

早稲田にどの試験で合格するにも、ちゃんと努力の甲斐あって合格したことが考えられます!

 

当然の結果と言えますよね!!

スポンサーリンク