大原櫻子さんというと広瀬すずさんと仲良しなことで有名ですね。

元から仲が良く似てる?なんてことも言われたりする二人。

 

そんな二人のうち、大原櫻子さんには意外な経歴があったのです。

それが桐朋女子高校を退学したこと。また、その理由が結構スゴイのです。

 

退学後は和光高校へ編入したのにもちゃんとした理由が。

 

そのおかげで現在の大原櫻子さんの活躍につながっているのです。

 

現在の大原櫻子さんがあるのも桐朋女子高校を退学し、和光高校へ編入したと言っても過言ではないそうなんです!

 

 

その理由についてまとめてみました

 

スポンサーリンク

 

大原櫻子さんが桐朋女子高校を退学した理由。

 

なぜ大原櫻子さんが桐朋女子高校を退学したのでしょうか。

 

桐朋女子高校というと偏差値がものすごーく高く規律や規則にとても厳しいことで有名なんですよね。

例えばどんなことがあるのかというとピアスや茶髪、化粧の禁止。

 

女子高生というと年頃の女の子なのでいろいろおめかししたいので禁止にされるとちょっと…

なんていう子もいそうですよね。

 

まぁ、この辺りは規則が厳しいんて言われてわかる気はするんですけどもっとスゴイことがあります。

 

それが携帯禁止という規則。

今の時代、防犯の意味でももたせることのある携帯で小学生ですら持っている携帯。

 

それが禁止なのですから、桐朋女子高校の規則が厳しいことが簡単に想像つきますね。

 

これらが嫌で大原櫻子さんが桐朋女子高校を退学したのかというと違うんですね。

 

何が彼女をそうさせたのか。

 

それは夢を追いかけるため。

 

というのも大原櫻子さん自身、以前から女優志望だったんです。

 

そこで『カノジョは嘘を愛しすぎている』という映画のデビューがきっかけで学校側の方針とズレが生じたために桐朋女子高校を退学したのが大きな理由だそうです。

 

でも偏差値67で大学への進学率が9割以上のお嬢様学校を退学するほどですからそれほど女優への憧れも強かったのが容易に想像できますよね。

 

だから今のような知名度へつながったんじゃないのかなーなんてことを個人的には思います。

 

スポンサーリンク

 

大原櫻子さんが和光高校へ編入した理由

 

しかし、桐朋女子高校を退学したら中卒という学歴。

今の時代、多くの人が最低でも高校は卒業している時代。

 

いくら女優を目指すからといって有名になれるかどうかもわからないですよね。

もし有名にならなかったら…なんてことを考えると最低でも高校くらいは卒業しておきたいところ。

 

というのは個人的な考えで、それが当たっているかどうかはわかりませんけど、芸能活動を行いたい大原櫻子さんは芸能活動もOKな和光高校へ編入されました。

その結果、無事高校を卒業!

 

 

少し話は変わりますが、大原櫻子さんの父親は林田尚親さんという有名なナレーターの方で、行列の法律相談所や世界仰天ニュースで活躍されているほど。

 

有名な番組にナレーターとして活躍されているほどの実力を持っている林田尚親さんの年収もすごそうですね。

だから仮に大原櫻子さんの最終学歴が中卒だったとしても一緒に住んでいれば生活には困らなさそうだと思いました。

 

まぁ何にせよ女優としての成功がおめでたい限りです(^^)

 

まとめ

 

桐朋女子高校という名門校を退学してまでも女優の道を進んだ大原櫻子さん。

 

その夢が叶って今では輝かしい活躍をされていますね!

 

これからどうなっていくのか楽しみな女優の一人!

頑張って欲しいですね!

 

スポンサーリンク