入院していた森慎二投手コーチ。

 

病気の名前は多臓器不全と判明しましたが、入院してわずか2日で息を引き取ってしまうことに。

 

多臓器不全とはそんな短期間で症状が悪化するものなのでしょうか?

 

かつてラーメン回の巨匠と呼ばれた『佐野実』さんも患った多臓器不全。

 

森慎二投手コーチの場合は原因はなんだったのか?

 

短期間で悪化してしまうものなのか?

 

多臓器不全について調べてみました!

※7月4日 追記しました

 

スポンサーリンク

 

森慎二投手コーチの病気・多臓器不全とは?

 

そもそも森慎二投手コーチを襲った多臓器不全とは何なのか?

 

それは読んで字のごとく、多くの臓器の機能が完全ではないこと。

 

では多くの臓器とは何があるのか?

 

一般的に言われているのが、生きる上で必要な臓器である腎臓、肝臓、呼吸器、血液系、心臓、消化器、脳の中の2つ以上の機能が完全な状態で働けないことを言います。

 

となると症状もたくさん出てきそうですよね。

 

次に気になるのが多臓器不全に陥ってしまう原因。

 

何があるのかというと『感染症』『生活習慣』『外傷』『免疫力の低下』が挙げられます。

 

その中でも最も多いと言われているのが感染症によるもの。

 

森慎二投手コーチの場合、原因はなんだったのか?

 

入院してすぐに息を引き取ってしまったことが引っかかりますよね。

 

外傷を負って入院したということもありません。

がん患者のように徐々に体力が低下していき、免疫力が低下していったなんてことも考えられません。

 

となると考えられるのは『感染症』か『生活習慣』によるものとなります。

 

しかし、病院へ行くまでは元気だったという情報があります。

多臓器不全による前触れを周囲は感じられなかったほど。

 

そうなると、感染症だったのかな?と思います。

追記・7月4日

溶連菌の感染による敗血症だったことが判明!

 

簡単に溶連菌の感染による敗血症についてまとめます!

 

そもそも溶連菌の症状の多くは発熱や喉の痛みなんかが症状として現れます。

風邪と同じような症状なので放置する人も多いみたい。

 

しかも感染源は菌によるものがほとんどなため、特に免疫力の弱い子供には注意が必要になる溶連菌。

 

そんな菌に感染した森慎二投手コーチ。もともとはどこかに病巣があったことが考えられます。

敗血症とは以下の通り。

からだのどこかに細菌による病気があって、ここから細菌が血液の流れの中に入って増殖(ぞうしょく)し、その生産した毒素によって中毒症状をおこしたり、細菌が血液の循環(じゅんかん)によって全身に広がり、二次的にいろいろな臓器に感染をおこす重い病気です。

引用:コトバンク

 

森慎二投手コーチは敗血症が原因でしたので、もともとどこかに病巣を持っていた。

そして、溶連菌が体内に入ってきたこと、免疫力が低下していた体。

 

その結果、病巣へ影響を及ぼし命にかかわったというコトが考えられます。

 

というのも、入院して検査をしてわずか2日で息を引き取ってしまったこと。

何かのウイルスに感染して容態が急変してしまったのでは?なんて思うんですよね。

でも、『生活習慣』ということも十分に考えられるんです。

というのも野球でのコーチを務める際にストレスを知らず知らずのうちに感じ溜め込んでしまっていた。

そして、体調を悪くしてしまうような飲酒や喫煙・食習慣がよくなかった。

そのせいで体調不良を訴え病院へ駆け込む。

病院で入院することが決まり、野球から離れることになる。

その結果、ストレスから解放された。

そうすると急に気が緩み、内臓も働きが弱くなってしまったのかな?なんてことも思いついたりしてしまいました。

よく会社員の人が仕事を辞める時の話で、仕事を辞めるまでは元気だったけど、やめたら急に気が緩んで体調を崩した。

そんな話をよく聞くので、森慎二投手コーチも入院することで気が緩んで体調が悪化してしまったのかな?なんて病気に関して素人の私は思いました。

 

スポンサーリンク

 

なぜ入院して2日で息を引き取ってしまったのか?

 

多臓器不全は症状が出た時はすでに危ない状態になっています。

 

多くの臓器の機能が働かないということなので命の危険性があるのは十分にわかりますよね。

 

でも森慎二投手コーチはなぜ急に容態が悪化したのか?

 

それも私の考えになってきますが、森慎二投手コーチは元スポーツ選手。

 

スポーツ選手なので体がしっかりとできていた。

そして、長年スポーツをしていることで、少しくらいの体調不良も『ちょっとおかしい』程度であまり気にもとめていなかった。

 

普通の人であればすごい異常も、スポーツ経験者だと『その程度』というように捉えてしまっていたのかと思います。

 

なので発見するのが遅れてしまい、容態が急変してしまい、命に関わってしまったのかなと思いました。

 

おわりに

 

入院してわずか2日という早さでなくなってしまった森慎二投手コーチ。

 

多臓器不全の恐ろしさを知らされましたね。

 

シーズン途中、まだまだこれからという時期に病気休養を発表したばかりなのに残念なことになってしまいました。

 

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク