邦本宜裕さんがアビスパというJ2のクラブチームを退団することが決まりました。

 

契約解除に至った理由は邦本宜裕さんが問題児で素行が悪かったことが理由と言われています。

 

また、喫煙に関することでも過去に話題になり、浦和から移籍したという話があります。

 

未成年でありながら喫煙することは法律でも決まってますよね。

 

それが邦本宜裕さんとアビスパの契約解除の理由となっているのでしょうか?

 

何が原因か探ってみました。

 

スポンサーリンク

 

邦本宜裕さんは問題児で素行が悪かったの?

 

邦本宜裕さんは現在19歳。

 

問題児や、素行が悪いなどで良くも悪くも話題になった過去があります。

 

 

一説によると、未成年ながら喫煙したことにより、浦和ユースから追放されてしまいアビスパに移籍したという過去があるらしいのです。

 

浦和ユースと言ったらサッカー界では一流のチーム。

 

高校生ながら大活躍をしていてかつては『浦和のロナウド』とも呼ばれたほどの実力者。

 

将来有望だったのにもかかわらず、素行が原因で問題児扱いとされ、浦和ユースを退団しました。

 

その後、高校生ながらアビスパとプロサッカー選手として契約をしたことでとても話題を集めました。

 

しかしそのアビスパとも契約解除に至った今。

 

いったい何が原因で邦本宜裕さんは契約解除になったのでしょうか?

 

契約解除になった理由その1

 

邦本宜裕さんの喫煙が問題ではないのか?ということが言われています。

 

浦和ユース時代から未成年でありつつも喫煙をしていたことで素行不良とみなされ退団に至ったという経緯が噂としてあります。

 

なので今回のアビスパの退団理由も、邦本宜裕さんの喫煙が問題では?なんていう風に言われています。

 

20歳以上になってからタバコを吸うのであれば何も問題にならなかったとは思いますが、未成年ながら喫煙することは確かにクラブの秩序を乱したと捉えられても仕方ありませんよね。

 

スポンサーリンク

 

理由その2

 

性格では?と言われています。

 

というのも浦和時代から、いろいろと注意を受けていた過去があるそうです。

 

まだ高校生という時期に、あーだこーだ言われると反発したくなって、いうことを聞きたくなくなるのはわかります。

 

実際に親なんかに言われると嫌ですよね。

 

再三注意を受けたにもかかわらず、直さなかったということが邦本宜裕さんの浦和ユースの退団につながったと言われています。

 

それが引き続き、アビスパでも注意を受けたにもかかわらず直さなかったことから秩序を見出す結果になり、契約解除になったのでは?と言われています。

 

プロサッカー選手として活動するなら、プロとしての自覚を持ちサッカーだけでなくそれ以外のところでも尊敬されるようになることが本当のプロだとも思うんですよね。

 

でも、それを10代の子に求めるのも少し難しいかと思います。

 

そこはやっぱり自覚がないと難しいよなーともなってしまいますよね。

 

まとめ

 

邦本宜裕さんの能力に関しては目をみはるものがあったのに、今回の契約解除に至ったのはもったいないですよね。

 

過去に問題児と言われたり素行が悪かったなんて言われたので仕方のないことかも。

 

しかし、一番大きな理由としては未成年でありながら喫煙が大きかったのかなと思います。

 

また契約解除に至った理由がわかり次第、お知らせしたいと思います!

スポンサーリンク