貝毒って聞いたことありますか?

 

なかなか馴染みのない言葉だと思うんですよね。

 

その名の通り、貝に毒があることなんです。

 

一般的に食べ物といえば加熱すると食べられるようになりますが、貝はちょっと違って注意が必要です。

貝と言ったらアサリや牡蠣が有名ですよね。

牡蠣は生で食べると危ないとか言われます。これも貝毒の一種!

 

そこで今回は、貝毒は加熱すれば大丈夫なのか?

アサリや牡蠣についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

貝毒は加熱すれば大丈夫?

 

結論から言うと大丈夫ではありません!!!!

 

一般的に調理する際に、毒をなくすには加熱という調理法が用いられます。

 

しかし、貝毒に関して言えば加熱しても意味がありません!!

 

また、他の調理法でも毒を予防する方法がありますよね。

それが酢を使う方法。

 

しかし、この方法でも貝毒を防ぐことはできません。

 

じゃあ貝毒をどうやって防げばいいのか?

 

基本的には防ぐ方法がないのが実態です。

 

一般的に貝毒の症状が出るのは、春先から盛んになるアサリの潮干狩りが多いです。

 

貝類を購入する分には、貝毒を心配する必要はありません。

 

その理由は出荷する際に、毒の基準値をオーバーしていないか検査しているからなんですね。

 

だからスーパーなどで買った貝類に貝毒は心配がないのです。

 

しかし、潮干狩りなどで取ったアサリは特に注意が必要!

 

というのもアサリは海にあるプランクトンを栄養として成長をします。

 

そのプランクトンの中に毒が含まれているとアサリに毒が入ってしまうのです。

 

牡蠣もアサリと同じくプランクトンを栄養にしています。

 

牡蠣を食べてお腹を壊したなんていう場合は、毒のあるプランクトンを栄養にしていた牡蠣だったということが考えられます。

 

そのために、潮干狩りなどでアサリを取った場合、貝毒の検査を行いません。

 

そして、見ただけではアサリに貝毒が含まれているかどうかというのがわからないんですね。

 

養殖なんかの場合は、ちゃんと海のプランクトンなんかも管理されているので安心できますが、潮干狩りなんかは注意しないといけません。

 

スポンサーリンク

 

貝毒を避ける潮干狩りは?

 

貝毒は加熱すれば大丈夫でないことはわかっていただけたかと思います。

 

しかし、どうしても潮干狩りをしたい!

 

でも貝毒が心配。なんてことがありますよね。

 

その場合は、ご自身が行く県に貝毒の心配がないか問い合わせしてみるといいでしょう。

 

そもそも各都道府県は、常に有害プランクトンが発生していないか定期的に調査をしています。

 

なのでご自身が潮干狩りなんかに行く海に有害プランクトンは発生していないか問い合わせをして、発生していなければ潮干狩りも安全に楽しむことができるかと思います!
 

まとめ

 

一般的に食べ物は加熱したら大丈夫なように思われていますが、貝毒は違います!

 

加熱すれば大丈夫だなんて思わないでください!

 

牡蠣もそうですが、特に気をつけて欲しいのが潮干狩りでとったアサリ!

 

とは言っても都道府県も貝毒の心配がある場合、潮干狩りを行える場所では注意を促してくれます。

 

なので注意がない場合は、気にせず潮干狩りを楽しんでも問題なさそうです!

 

大事なことですが、心配な人は必ず問い合わせをするようにしてくださいね!

スポンサーリンク