2016年のサミットでの料理を担当された樋口宏江さん。

4月22日放送の『世界一受けたい授業に』出演されます。

 

 

樋口宏江さんは2014年には有名な志摩観光ホテルで総料理長に就任したことで過去に話題になりました。

料理の世界というと厳しい世界なイメージがありますが、一体どんな人生を歩んできたのでしょうか?

樋口宏江さんのプロフィールや経歴について迫ってみました。

 

スポンサーリンク

 

樋口宏江さんのプロフィール

樋口宏江さんは2016年に日本で8年ぶりに開催されたサミットで世界の名だたる首脳陣たちをうならせたことで一躍有名に。

簡単にプロフィールをまとめ見てみました。

 

三重県四日市出身で地元四日市にある四日市西高校を卒業。

その後、料理業界では有名な辻調グループの学校である、辻フランス料理専門カレッジへ進学します。

※今ではエコール辻大阪と名称が変わっています。

 

卒業後に総料理長となった志摩観光ホテルに入社。

入社後わずか3年で、一般的には10年ほどかかると言われるコック達をまとめるシェフに抜擢。

 

3年でなったの?と捉えるのか、3年もかかったの?と捉えるかはその人次第です。

しかし別名『グルメホテル』なんて言われ、日本各地から舌の肥えた人たちが集まるほどの志摩観光ホテルで、その腕を認められたということは、料理のセンスが抜群だったんだろうなと個人的に感じました。

 

樋口宏江さんの経歴がいかにすごいのかわかっていただけるかと思います。

 

でも意外と思ったのがフランス料理を提供しているにもかかわらず、フランスへ修行に行っていないということ。

フランス料理で有名なシェフと言ったら、ほとんどの人が過去に修行するために海外へ渡っているなんて聞くかと思いますが樋口宏江さんはずっと日本で料理を学んでいたそうです。

 

それもこれも先代の高橋忠之総料理長、宮崎英夫総料理長という一流の腕を持った方達の元で働いたことが大きいのでしょう。

 

今でこそ女性の料理人というと普通に感じますが、当時から考えるとすごく珍しかったと思います。

そんな中、経験を積み2014年に総料理長に就任。

 

初めての女性の総料理長ということで樋口宏江さんはとても注目を浴びることに。

そして、有名なサミットでも顧問を勤め上げ、女性ならではの繊細さがフランス料理をより引き立てることで世界のVIPたちを魅了したのかと思います。

 

スポンサーリンク

 

樋口宏江さんは結婚しているの?

 

樋口宏江さんが結婚しているのかどうかは調べてみてもわかりませんでした。

料理人の未婚率はとても高いので独身であることも十分に考えられます。

また志摩観光ホテルの総料理長ということで収入が高いことも考えられるので、結婚を考えなくてもいいとも捉えられますよね。

 

個人的には美人なのでもったいないと思うのですが…

こればかりは運命なんてものもあると思いますので、なんとも言えませんね…

 

まとめ

 

サミットで料理を担当したことで有名になった樋口宏江さん。

当時のプレッシャーもすごかったのでは?と思います。

なんたって、本場フランスのオランド大統領がくるのですから、相当だったでしょう。

私であれば間違いなくプレッシャーに負けていたと思います(笑

 

それを跳ね除けて、世界を認めさせた料理の腕前。

 

樋口宏江さんの料理を味わうために、一生に一度くらいは志摩観光ホテルで食事をしてみたいものです。

高いので叶うかどうかはわかりませんが…(笑

スポンサーリンク