BOOWY0807という看板が高崎駅にあり話題を集めています!

 

BOOWYと言ったら解散してしまった人気バンド!

 

解散してから復活が望まれている有名なバンドの一つですよね!

 

しかし、高崎駅の看板にある

 

『BOOWY0807』

 

これはもしや復活もあるのでは?!

 

なんて思ってしまいますよね。

 

そこで未だに根強いファンを抱えているBOOWYについて再結成があるのかどうか、調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

BOOWY0807という高崎駅にある看板の意味とは?

 

 

 

こちらのツイートがきっかけで、BOOWY0807についての話題が広がりました!

 

ファンなら何が起きるのか?!

 

すごく気になるところですよね!

 

BOOWYは復活するのか?

 

0807という看板から考えると8月7日に何かが起こるということはわかるかと思います。

 

また、群馬県の高崎駅に看板があることから高崎市内で何かがあるのでは?何てことも思い浮かぶかと思うんですよね。

 

となったら真っ先に思い浮かぶことが解散してから、散々噂されていた再結成や復活に期待してしまいますよね!

 

しかもBOOWYの結成からちょうど35周年という区切りなのですから。

 

他に考えられることとしては、ベストアルバムを発売することとかだと思います。

 

しかし!!

 

しかしですよ?

 

それだったらわざわざ高崎駅に看板を出す必要ってないと思いませんか???

 

東京とかのほうが人目につきやすいし、高崎駅よりも話題を集めると思いませんか?

 

そうした方が絶対にいいと思うんですよね。

 

ところがそうでなく高崎駅に看板を出したことを考えると、アルバムなんかを出すということは少しばかり考えにくいんですよね。

 

それに高崎と言ったらBOOWYのメンバーである氷室京介さん、布袋寅泰さん、松井常松さんの出身地。

 

BOOWYの復活を故郷である高崎で行うということが十分に考えられますよね?

 

なので、ついに願っていた再結成が行われるのでは?と思います!!

 

 

もしくは、故郷である高崎を思って優先的にベストアルバムか他の重大なことの発表をするのかもしれません。

 

それよりも復活して、ファンの前でライブを行うことであってほしいですね!

 

スポンサーリンク

 

本当に再結成するのか?

 

8月7日についてちょっと見てみると、その日は何と平日の月曜日。

 

もしライブなどとなったら昔からのファンであれば仕事なんか休んで行くかと思います。

 

普通ライブなどの開催であれば、土曜や日曜が多いですよね。

 

平日に行わないわけではありませんけど、土日に比べたら開催は少ないですよね。

 

しかし、過去にCASE OF BOOWYというライブを横浜で1987年の8月7日に開催しています。

 

この時は金曜日でした。

 

なのでライブを開催する曜日に関しては特に意味はないのかなと思います。

 

もしくはCASE OF BOOWYというライブがまた8月7日に開催されるのかもしれませんね。

 

1987年から2017年。ちょうど30周年でもあります。

 

30という区切りから考えても再結成や復活ということを考えてしまいますよね。

 

 

現実的に考えると8月7日に重大発表をする。

 

1987年の12月24日に合わせて2017年の12月24日にBOOWYの1日限りの復活をする。

 

ということが一番現実的なのかなと思います!

 

 

おわりに

 

1日限りの再結成でもいいのでBOOWYをまた観たいですね!

 

現在3、40代の人であれば、当時よく聞いていた音楽の一つだと思います。

 

現に私自身もよく耳にしていました!

 

BOOWY0807という高崎駅にある看板。

 

いろんなことが考えられますが、ファンが皆待ち望んでいる再結成であるように!!

スポンサーリンク