そっぽ向きパットって言われてなんのこっちゃ?

 

そう思った私。

 

ヤフーのニュースを見てもゴルフのパターが決まった。

 

その際、

ゴルフボールを沈める穴を見ないでボールを打った

そういったことが書いてあったんですけど、意味がわからず。

 

そんなことあるの?って思ったので調べてみたら、ありましたよ!

 

そっぽ向きパットの動画が!

 

ジャスティントーマスの凄さをどうぞご覧ください!!

 

スポンサーリンク

 

そっぽ向きパットの動画

 


 

これがジャスティントーマスが決めたそっぽ向きパットの動画です!

 

パットを打つ前の状態だとカップに視線がいってませんよね。

 

一般の人や観客もだけでなく解説者や他のプロも思ったと思うんです。

 

『入らないでしょ』

 

そう思ったパットもカップに吸い込まれるかのようにボールが進んで行って見事カップイン!

 

生で見ていたら、とても感動したでしょうね!

 

スポーツと言ったら何が起こるかわからないもの。

 

今回のそっぽ向きパットもまさにそんなシーンの一つだったのではないでしょうか。

 

ジャスティントーマスがカップを向かずにパットを打った理由

 

さて、なぜジャスティントーマスはカップを見ないでパットを打ったのでしょうか?

 

普通に考えたらありえない出来事。

 

芝の傾斜を読んだ結果。

 

そう言われたらそうとしか言えませんけど、それでも一見するとどう考えても入らなさそうなパットを打つ方向。

 

それでも打ったら入ると確信めいたものがジャスティントーマスがあったんだと思うんですよね。

 

その結果が、パットオブザイヤートも言われるほどのパットになったんじゃないかと思いました。

 

ゴルフとだけででなく様々なスポーツは精神面が結果を左右するもの。

 

ゴルフに対して向き合ってきたから、普通ではありえないパットも堂々と打てたのかと思います。

スポンサーリンク